ネコ達とのんびり暮らす日々のこと


by nyanko_cafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

クロネコ兄弟 -ばっしゅくん-

e0074958_13544699.jpgクロネコ兄弟の3匹目ばっしゅくん。
我が家の子として迎え入れました。
保護時の体重2.9kg
体のサイズはマウマウと変わらないのに、
体重はモカちゃんと変わりませんでした。
捨てられる前も、ご飯をあまり与えて貰えなかったのでは?と先生は言ってました。

3兄弟と三四郎は横浜に着くとそのまま病院に直行し、
健康診断と不妊・去勢手術を行いました。
(三四郎は手術は終わっていました。ワクチンも保護主さんの話では去年接種されていたそうです。)
主治医の先生と相談して、
移動のストレスもさることながら体重も少なく、栄養状態も良くなかったので、
手術を済ませた後、体力回復を待ってワクチンをすることになりました。

e0074958_14404991.jpg退院後、すがりつくように甘えてきたのがこの子でした。
降ろそうとしてもしがみつき放しませんでした。
背中を優しく撫でてあげると、
「もう離れたくない」って言っているかのように、
強く強く抱きしめてきました。
正直びっくりしました。
ネコがここまで人を求めることに合ったことはありませんでした。
「いい子にしていたら、ずっとウチにいていいよ。」
彼にそう告げていました。

ばっしゅくんは、始めに書いたとおり、一番痩せていました。

ご飯、もりもり食べて、ワクチン!って思っていました。

ある日、食欲が無く、少し吐いていたので、病院に連れていきました。

・・・・・パルボでした。。。。

入院2日目の深夜(6.17)、虹の橋を渡りました。
我が家で過ごせたのはほんの数日間でした。。。

病気にうち勝つための体力もありませんでした。
たった1本のワクチンを打っていて貰えれば、
旅立たなくていい命でした。


***************************************
ばっしゅの病気により、
マウマウとモカちゃんのワクチンも、
感染の有無を判断してからになり、
結果的に初回は7月上旬になりました。
この間、正直毎日が戦いでした。
ワクチンが済むまでの間、籠城生活を一時中断させ、
2匹はケージで暮らしてもらいました。
ちょっとの体調変化を見過ごすこともできませんでした。

ばっしゅくんが教えてくれた病気の危険性と、
ワクチンの大切さを身をもって体験しました。


にゃんこやわんこを飼っている方、
これから一緒に生活をしていこうと思っている方。
飼い主の責任として、主治医の先生と相談の上、
ワクチンは必ず受けてあげて下さい。
[PR]
by nyanko_cafe | 2005-09-21 13:54 | 保護ネコ